本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【順張り】【逆張り】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【順張り】【逆張り】

〔例〕
「A株は、今注目の業界で、好業績で今後さらなる成長が期待できる。株価も順調に推移しているので、順張りで狙いたい。一方、B株は、今の相場で人気がなく、株価も低迷しているが、業績も良く、長い目で見れば値上がりが期待できそうなので、逆張りで狙いたい」

【順張り】

相場のトレンド(流れ)に沿った投資法のこと。相場環境や市場人気を読み、株価が上昇しているときに買い、人気が離散し、値下がりしているときに売ることをいう。

【逆張り】

相場のトレンドや人気に逆らった投資法のこと。上げ相場のときに売り、相場環境が悪化し、人気がなく、値下がりしているときに買うことをいう。

市場人気は相場環境などで変わりやすいが、一般的に短期の売買では「順張り」、中・長期投資では「逆張り」が適しているといわれている。

ページの先頭へ