本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【強含み】【買い安心感】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【強含み】【買い安心感】

〔例〕
「A社株は朝方からじりじりと上げ幅を拡大し、○○○円まで買われた。足元の業績は強含みで推移しており、『買い安心感が出ている』との声が聞かれた」

【強含み】

現在の株価が比較的高く、先行きも上がりそうな気配があること。反対に、現在の株価が比較的安く、先行きも下がりそうだと感じられることを「弱含み」という。

【買い安心感】

株価がある程度長い期間上げ続けると、買っていれば必ずや利益が得られるだろうという安心感が広がる。これが「買い安心感」である。また、業績が好調で、しかも株価収益率が低い銘柄に投資する場合等に、「買い安心感がある」といった表現が使われる。

ページの先頭へ