本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【じり高】【顔合わせ】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【じり高】【顔合わせ】

〔例〕
「前引け前の日経平均株価は前日比で反発に転じ、後場に入ってからは、じり高の展開となった。銘柄別ではA株が前日比55円高の1,860円まで買われ、昨年10月12日の高値1,860円に顔合わせした」

【じり高】

株価が徐々に上がること。反対に徐々に下がることは「じり安(じりやす)」という。

【顔合わせ】

一度下がった株価が値上がりして、以前の高値と同じ値段になること。または、一度上がった株価が値下がりして、以前の安値と同じ値段になること。「つらあわせ」ともいう。

ページの先頭へ