本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【子は繁栄】【上げ相場】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【子は繁栄】【上げ相場】

〔例〕
「2008年は子(ねずみ)年。子は繁栄上げ相場が期待できるか?」

【子は繁栄】

株式相場には、「辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ、戌(いぬ)笑い、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)つまずき、寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねる」という干支にちなんだ格言がある。

ねずみは子どもをたくさん産むことから「繁栄」の象徴とされている。

【上げ相場】

株価がだんだん上昇していくことをいう。

ページの先頭へ