本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【EDINET】【大量保有報告書】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【EDINET】【大量保有報告書】

〔例〕
「金融庁のEDINETに虚偽の大量保有報告書が掲載された問題は、株式市場関係者に動揺を与えた」

【EDINET(エディネット)】

「Electronic Disclosure for Investors' NETwork」の頭文字を取ったもので、金融庁が提供している企業内容等の電子開示システムのこと。企業等は有価証券報告書や大量保有報告書等の開示書類をオンラインで財務(支)局に提出する。

提出された開示資料は財務(支)局の閲覧室に設置するモニター画面で自由に閲覧できるようになっているほか、インターネットで誰でも閲覧できるようになっている。

【大量保有報告書】

上場会社の株券等について、新たに発行済株式総数の5%超を取得した場合は、その保有者が、土日祝日を除く5日以内に「大量保有報告書」を財務(支)局に提出しなければならないことになっている(いわゆる5%ルール)。

ページの先頭へ