本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【コーポレートガバナンス】【社外取締役】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【コーポレートガバナンス】【社外取締役】

〔例〕
コーポレートガバナンスの浸透に伴い、社外取締役を導入した会社が増加した」

【コーポレートガバナンス】

「企業統治」と訳され、会社の経営が株主に対して適正になされているかを監視する仕組み。コーポレートガバナンスを強化する手段として、社外取締役や社外監査役の増員、経営監視等に関する委員会の設置、情報開示の強化などが挙げられる。

【社外取締役】

業務を執行しない取締役であって、過去において、その会社・子会社の業務執行取締役や従業員でなく、現在も子会社の業務執行取締役や会社・子会社の従業員でない者で、かつその会社と直接の利害関係のない有識者等から選任される。社外取締役を置くことにより、会社の経営が適正になされているかといった監督機能の強化につながるものと考えられる。

なお、会社法上の委員会設置会社では、委員会のメンバーの過半数を社外取締役で構成しなければならないことになっている。

ページの先頭へ