本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【証券化商品】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【証券化商品】

〔例〕
「機関投資家が住宅ローン債権を裏付資産とした証券化商品を購入した」

【証券化商品】

 金融機関や事業会社等(オリジネーター)が、特定の保有資産を特別目的事業体(SPV注)に真正譲渡する等の方法で移転して、その資産が生み出すキャッシュフローを裏付けとして発行される有価証券である。住宅ローン、商業用不動産ローンやリース債権を担保にするもの等、様々な種類の証券化商品があり、機関投資家等に販売されている。

 保有する資産の信用力を裏付に資金調達することにより、オリジネーター自身の信用力に基づく資金調達方法と比して、有利な条件での資金調達を行うことができる場合がある。また、特定の保有資産をSPVに移転することで、資産が持つリスク(金利リスク等)をオリジネーターが切り離すことを企図する等、多様な目的で組成される。

(注)証券化の対象資産の譲渡を受ける等により、証券化商品の発行体となる法人等の法的な器。特別目的会社(SPC)、信託等がSPVとして利用される。
 オリジネーターやその他の関係者の倒産があっても証券化商品が影響を受けることのないような手当(倒産隔離)がされたSPVを介することにより、資産の信用力に依拠する証券化商品を組成することが可能となる。

ページの先頭へ