本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【ETF】【インデックス型】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【ETF】【インデックス型】

〔例〕
ETFインデックス型の投資信託に注目が集まっている」

【ETF(上場投資信託)】

日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)等の特定の株価指数や金価格の指標などに連動するように運用される投資信託で、証券取引所に上場されている。

一般の投資信託は、多数の投資家から集めた資金を元手に投資信託会社が証券等で運用しているものである。一方、ETFは、機関投資家等が「運用対象となっている指数を構成する現物株式」を投資信託会社に拠出して得た受益証券が小口化され、市場で売買されているものである。

投資家は証券会社を通じて売買し、株式と同様に価格を指定して注文することができる。価格や株価指数等の情報は、新聞やニュース等を通じて容易に入手できるため、値動きが把握しやすく、また信託報酬等のコストについても一般的なインデックス型の投資信託に比べて安い場合が多い、といった特徴がある。

【インデックス型】

日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)等の指数をベンチマーク(基準となる指標)として、そのベンチマークに連動した運用成果を目指すものである。ベンチマークに基づき運用を行うため、ファンドマネジャーによる銘柄の入れ替えの頻度が少なく、運用にかかわるコストがほかの投資信託に比べて低い、といった特徴がある。

ページの先頭へ