本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【日銀短観】【業況判断指数】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【日銀短観】【業況判断指数】

〔例〕
「日本銀行が発表した企業短期経済観測調査(短観)によると、大企業製造業の業況判断指数(D.I.)は、前回短観と比較して大幅に改善した」

【日銀短観】

正式には「全国企業短期経済観測調査」といい、日本の景気動向を把握するため、全国約1万社の企業を対象にして、日本銀行が3カ月に一度(3、6、9、 12月)実施する統計調査である。短観では、会社が自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどう見ているか、といった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値等、企業活動全般にわたる項目について調査をしている。調査時点から発表までのタイムラグが小さいのが特徴で、調査結果は、日本銀行が金融政策を行うにあたっての重要な判断材料の一つとして利用されているのをはじめ、景気の現状や先行きを見ていく上での代表的な統計の一つとして、国内外で利用されている。

【業況判断指数】

日銀短観の主要調査項目の一つ。「収益を中心とした全般的な業況」に関する企業の判断を示すもので、「D.I.(Diffusion Index)」とも表される。調査の際、企業には「1.良い」「2.さほど良くない」「3.悪い」という3つの選択肢のなかから1つを回答してもらい、それぞれの回答社数の構成比を求めた上で、「1.良い」の社数構成比から「3.悪い」の社数構成比を引いて算出する。

判断指数(D.I.)=(「良い」と答えた企業割合(%))-(「悪い」と答えた企業の割合(%))

ページの先頭へ