本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【市場介入】【ショートカバー】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【市場介入】【ショートカバー】

〔例〕
「外国為替市場では、政府が市場介入に乗り出すとの見方からショートカバーの動きが広がった」

【市場介入】

外国為替相場を安定的に維持する等の目的から、中央銀行等の通貨当局が外国為替を売買して外国為替相場に介入し、外国為替市場の動きに影響を与えること。日本の場合、正式には「外国為替平衡操作」と呼ばれ、財務大臣の指示に基づき、円を引き上げるために「円を買って、外貨を売る」(円買い介入)、あるいは円を引き下げるために「円を売り、外貨を買う」(円売り介入)という方法で直接介入する。

なお、行動を伴わずに当局からの各種発言だけで外国為替市場に影響を及ぼそうとする「口先介入」という方法もある。

【ショートカバー】

ショートポジション(=値下がりを期待して、空売り等の方法で保有していない金融資産を売った状態のこと。対義語は「ロングポジション」で、金融資産を買って保有している状態のこと)が発生している金融資産を決済するために行う買い戻し行為のこと。

例えば「円買い・外貨売り」の状態のものを「円売り・外貨買い」を行い清算すること。

ページの先頭へ