本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【IPO】【ブックビルディング方式】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【IPO】【ブックビルディング方式】

〔例〕
「生命保険相互会社が、株式会社への転換と同時に上場することが予定されている。IPOを実施し、売出価格は、ブックビルディング方式により決定される」

【IPO】

IPOは「Initial Public Offering」の頭文字で、新規公開株式を公募・売り出しすることをいう。新規上場会社は、証券会社を通じて、株式を一般投資家へ売り出し、株式市場に上場させて資金調達を図る。

一方、こうした新規上場株式の発行会社を名乗り、直接勧誘したり、証券会社ではない業者が新規上場株式購入の勧誘を行うといった「未公開株式詐欺」による被害が多発しており、注意が必要だ。

【ブックビルディング方式】

市場に新規上場する際の上場前の株式の公募価格を決める際に、投資家の需要状況に応じて公募価格を決定する方式のことをいう。

このほか、「入札方式」があるが、一般投資家による入札結果に基づき公募価格が設定されるため、公募価格が高騰しやすく、上場後、価格が急落する等、株式の円滑な流通に支障をきたすなどの問題点がある。

現在では、国際的にも整合性があり、市場機能による適正な価格形成が期待できるということから、ブックビルディング方式で公募価格が決定されている。

ページの先頭へ