本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

【実効為替レート】【独歩高】

金融・証券用語集

新聞やニュースで使われる証券用語を、例文を挙げて解説しています。

【実効為替レート】【独歩高】

〔例〕
「円の実効為替レートが上昇し高水準となった。
円は主要通貨に対し独歩高の様相を呈している」

【実効為替レート】

実効為替レートは、国際市場における相対的な通貨の実力を総合的に測る指標。

一般的に広く知られている為替レートは、特定の2通貨間(2国間)だけのものだが、実効為替レートは、各通貨との為替レートを貿易額等で加重平均して算出し、多通貨に対する一国の為替レートを指標化している。

【独歩高(どっぽだか)】

独歩高は、相場全体は低迷しているにもかかわらず、ある銘柄だけが突出して高いことをいう。「異彩高(いさいだか)」とも呼ばれる。

ある銘柄に好材料が出て買われ、相場全体には影響しなかったときに起こる現象である。

ページの先頭へ