知っておきたいNISAのポイント NISAを利用するには、証券会社や銀行などの金融機関でNISA口座の開設が必要です。NISA利用にあたっては次の点にご留意ください。

NISA口座は原則1人1口座

NISA口座は、原則1人1口座です。

開設する金融機関の変更は1年単位

NISA口座を開設する金融機関の変更は1年単位でしか行えません(金融機関の変更をした場合には、複数のNISA口座を持つことになりますが、買付けができるのは各年につき一つのNISA口座だけです)。

非課税枠(120万円)の未使用分を翌年へ繰り越し、売却した非課税枠の再利用は不可

投資を行わなかった非課税枠の翌年繰り越しはできません。また、売却しても、非課税枠は再利用できず、年間の非課税枠を超える投資はできません。

上場株式の配当金等を非課税とするには、「証券会社で受取る方式(株式数比例配分方式)」を選択していただく必要があります。

NISA口座で購入した上場株式の配当金やETF、REITの分配金について非課税の取扱いを受けるには、「株式数比例配分方式」を選択 していただく必要があります。いったん「株式数比例配分方式」を選択されると、同一の証券会社や他の証券会社の特定口座や一般口座で保有されているすべての上場株式の配当金等についても、自動的に「株式数比例配分方式」が選択されます。なお、株式投資信託の分配金は、受取機関を問わず非課税です。

現在他の口座へ保有している上場株式などは対象外

NISA口座は、新たに購入した上場株式や株式投資信託等が対象となるため、現在他の口座(特定口座や一般口座など)で保有しているものをそのまま移管することはできません。

他の口座との損益通算・損失の繰越控除不可

NISA口座で生じた売買損失は、課税される他の口座(特定口座・一般口座など)の収益との損益通算はできず、また損失の繰越控除もできません。

はじめるなら今!NISAで投資デビュー!

コールセンターに 問い合わせる

もっとNISAについて知りたい方の質問・相談に対応しております。

受付時間 平日 9:00〜17:00
※祝日及び年末年始を除きます。

詳しくはこちら

NISAや投資に関しての セミナーを探す

投資とNISAを学ぶためのコンテンツなどを提供しております。
どうぞご利用ください。

詳しくはこちら

証券会社に相談する

日本証券業協会では、皆様に証券会社をより身近に感じていただけるよう、全国各地の証券会社の情報を提供しております。

詳しくはこちら

TOP