本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

インフォメーション(2005年分)

パブリックコメントの募集について

平成17年2月9日から2月23日まで、本協会では「青空銘柄の投資勧誘及びグリーンシート制度見直しのための本協会関係規則の改正等について」のパブリックコメントを募集します。
詳しくは、日本証券業協会のWebサイトをご覧下さい。

証券取引法の改正によるグリーンシート銘柄の規制について

平成16年6月2日に「証券取引法等の一部を改正する法律」(平成16年法律第97号)が可決・成立したことにより、平成17年4月1日よりグリーンシート銘柄は証券取引法により規制されることとなります。
詳しくはこちらをご覧ください。

12月13日施行の規則改正について

本協会では、証券仲介業制度の創設等に係る改正証券取引法の施行に伴う関係諸規則の制定及び整備の一環として、「店頭有価証券の売買その他の取引に関する規則」(公正慣習規則第2号)の一部改正を行いました。
今回の改正の趣旨骨子及び規則の新旧対照表は、次のファイルをご覧ください。

証券会社向け届出書等の様式を一部変更いたしました。

平成16年4月1日付のグリーンシート規則(公正慣習規則第2号)改正に伴い、証券会社向けの届出様式等を一部修正いたしました。

各届出様式のフォーマットについては、こちらをご覧下さい。

「グリーンシート」及び「グリーンシート」ロゴマークが商標登録されました。

「グリーンシート」及びグリーンシートのロゴマークは、日本証券業協会の登録商標となりました。

グリーンシート銘柄への投資が一層しやすい税制に!

平成16年度税制改正において、ベンチャー企業への投資を促進し起業家の資金調達を支援するため、「非上場株式の譲渡益課税の税率引下げ」と「エンジェル税制の拡充」が行われました。
詳しくは次のファイルをご覧ください。

なお、「エンジェル税制」の適用要件や手続き等の詳しいことについては、経済産業省のホームページをご参照下さい。

4月1日施行の規則改正について

本協会では、証券仲介業制度の創設等に係る改正証券取引法の施行に伴う関係諸規則の制定及び整備の一環として、「店頭有価証券の売買その他の取引に関する規則」(公正慣習規則第2号)の一部改正を行いました。
改正後の規則は平成16年4月1日から施行いたします。
今回の改正の趣旨骨子及び規則の新旧対照表は、次のファイルをご覧ください。

1月20日施行の規則改正について

昨今グリーンシート銘柄が増加している現状を勘案し、エマージング銘柄の位置付けの明確化を図るとともに、取扱会員の行う銘柄審査内容及び審査手続きを充実させ、グリーンシート制度のより一層の信頼性の向上を目指すとともに、その他所要の規定の整備を図るため、グリーンシート関係諸規則(公正慣習規則第2号)の一部改正を行いました。
改正後の規則は平成16年1月20日から施行いたします。
今回の改正の趣旨骨子及び規則の新旧対照表は、次のファイルをご覧ください。

パブリックコメントの募集について

「店頭有価証券の売買その他の取引に関する規則」(公正慣習規則第2号)の一部を改正するにあたり、平成15年12月12日から12月26日まで、本協会では、「グリーンシート改革のための本協会関係規則の改正について」のパブリックコメントを募集します。
詳しくは、日本証券業協会のWebサイトをご覧下さい。

8月1日施行の規則改正について

先般の証券取引法及び関係内閣府令の一部改正において、エクイティ関連商品に係るプロ私募の導入及び少人数私募に該当するかどうかの判定における人数カウントから適格機関投資家を除外する制度の導入が行われたこと等に伴い公正慣習規則第2号の規則改正を行いました。
改正後の規則は本年8月1日から施行いたします。
今回の改正の趣旨骨子及び規則の新旧対照表は、次のファイルをご覧ください。

証券会社向け届出書等の新様式を掲載いたしました。

平成15年4月1日付のグリーンシート規則(公正慣習規則第2号)改正に伴い、証券会社向けの届出様式等を修正・作成いたしました。

各届出様式のフォーマットについては、こちらをご覧下さい。

グリーンシート改革のための規則改正について

本協会は、3月26日、昨年12月25日に公表した「独自性を発揮したグリーンシートの発展をめざして」(グリーンシート実務者勉強会報告書)及び本年3月10日から同23日までの間に募集したパブリック・コメントを踏まえ、グリーンシート関係の諸規則を改正いたしました。
改正後の規則は本年4月1日から施行いたします。
今回の改正の趣旨骨子及び規則の新旧対照表は、次のファイルをご覧ください。

ラジオたんぱで「発掘!未来企業~グリーンシートへようこそ」がスタート

平成15年3月21日から"ラジオたんぱ"で新番組「発掘!未来企業~グリーンシートへようこそ」が始まります。

番組名 「発掘!未来企業~グリーンシートへようこそ」
放送メディア
  • BSC300「マーケット・チャンネル」
  • ラジオたんぱ 第1放送
  • デジタルたんぱ501(スカイパーフェクトTV内)
放送時間 3月21日スタート、毎週金曜日 18:30~19:00
パーソナリティ 藤沢 久美(株式会社ソフィアバンク)
大西 洋(株式会社バリュー・リンク)
番組概要 グリーンシートに指定された企業のトップを招いて、指定までの体験談及び今後の事業展開等を聞くインタビュー番組。
また、専門家によるグリーンシートの活用法や投資手法(リスクとリターン等)のアドバイスをわかりやすく解説。

パブリックコメントの募集について

「店頭有価証券の売買その他の取引に関する規則」(公正慣習規則第2号)及び「協会員の投資勧誘、顧客管理等に関する規則」(公正慣習規則第9号)の一部を改正するにあたり、平成15年3月10日から3月23日まで、本協会では、「グリーンシート改革のための本協会関係規則の改正について」のパブリックコメントを募集します。
詳しくは、日本証券業協会のWebサイトをご覧下さい。

グリーンシート実務者勉強会報告書について

本協会におきましては、金融庁から公表された「証券市場の改革促進プログラム」において、「未公開企業の資金調達の円滑化を図る観点から、未公開企業の株式の売買を可能とする「気配公表銘柄制度」(いわゆるグリーンシート市場)について、その拡充を検討するよう、日本証券業協会に要請する。」とされていたことから、これまで、関係者へのヒアリング、証券会社の実務者による勉強会を開催し、前向きに検討を重ねてまいりました。
この度、基本的な議論が終了し、報告書「独自性を発揮したグリーンシートの発展をめざして」を取りまとめました。

不動産証券投資法人投資証券の気配公表銘柄への登録について

今般、アイティーエム証券より「ジェイ不動産証券投資法人 投資証券」を気配公表銘柄(エマージング)として取扱う旨の届出があり、グリーンシート銘柄として取り扱われることとなりました。不動産投信としては、初めての気配公表銘柄となります。
今後も日本証券業協会では取扱商品の拡充等、グリーンシートの活性化に努めてまいります。

店頭有価証券の売買その他の取引に関する規則の制定について

日本証券業協会では、「 理事会決議『店頭取扱有価証券の会社内容の説明及び気配の提示等の取扱いについて』」を廃止するとともに、新たに、「店頭有価証券の売買その他の取引に関する規則」(公正慣習規則第2号)を制定いたしました。
内容につきましては、以下をクリックしてください。

証券コードの設定

今般、証券コード協議会より、気配公表銘柄として本協会に届出のあった有価証券の一部について、証券コードの設定が行われました。銘柄の詳細等は、以下をクリックしてください。
なお、本協会としては、エマージング銘柄については原則コード設定の申請を証券コード協議会に行うこととしておりますので、新規にグリーンシート銘柄となる銘柄については、証券コードが設定される予定です。

YKK株式に関する御注意

最近、気配公表銘柄として取り扱われている「YKK」株式について、近々証券取引所に上場を予定しているかのような噂が流されております。本件に関しましては、YKK株式会社自身からも、同社株式を取引所に上場することは全く予定していない旨の連絡を受けておりますので、投資者の皆様におかれましても、十分ご注意願います。

  • 本サイトの内容は、著作物として著作権法によって保護されています。このサイトの全部又は一部について、無断で、転用、複製、引用、改変又は販売等を行うことは、禁じられており、日本証券業協会の著作権の侵害となります。
  • 「グリーンシート」及びグリーンシートのロゴマークは、日本証券業協会の登録商標です。
  • 本サイトに記載された情報については、万全を期しておりますが、諸事情により誤りが含まれる可能性があります。掲載された情報に基づく判断については、利用者の責任の下におこなうこととし、日本証券業協会は、これにかかわる一切の責任を負うものではありません。
  • また、予告なしに内容を変更又は廃止する場合がありますので、あらかじめご承知おきください。