本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

報告参加会員におけるPSJ予測値の換算方法について

2017年11月9日

本協会では、毎月1日および15日(休業日の場合は翌営業日)に、報告参加会員から前営業日の午後3時現在における予測期限前償還率をPSJモデルに換算した値(以下「PSJ予測値」)の報告を受け、集計の上統計処理を行った数値(以下「PSJ予測統計値」)を発表しています。
PSJ予測統計値の透明性を向上させる観点から、報告参加会員におけるPSJ予測値の換算方法を以下の一覧表に取りまとめましたので、ご参考までにお示しします。各報告参加会員におけるPSJ予測値の換算方法につきましては、基準日現在のものであり、報告参加会員における期限前償還モデルの変更等により今後予告なしに変更されることがあります。
また、本協会は、個々の証券会社が算出するPSJ予測値等についてのご照会には応じかねますので、あらかじめご了解ください。

報告参加会員名PSJ予測値の前提について自社モデルの期限前償還予測についてPSJ予測値に関するお問い合わせ先基準日
自社モデルから換算する際に一致させる計数
(注1)
クリーンアップコールの考慮
(注2)
RMBS元本償還の算出方法
(注3)
機構発行の月次RMBSについて、担保債権のデフォルト等毀損分一部解約見合いのRMBS元本償還の考慮
(注4)
みずほ証券 WAL Static_Forward 金融商品部
(03-5208-2497)
2009年4月24日
大和証券 WAL Static_Forward 金融市場調査部 
 (03-5555-8778)
2012年4月2日
SMBC日興証券 WAL Simulation

クレジット市場部
 (03-3283-3660)

2013年4月1日
野村證券 WAL Static_Forward クレジット・トレーディング部
(03-6703-9203)
2011年9月1日
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 WAL Simulation

クレジット市場部
 (03-6742-6445)

2012年6月13日
ゴールドマン・サックス証券 WAL Static_Forward 金利トレーディング部
(03-6437-7803)
2009年1月14日
クレディ・スイス証券 WAL Static_Forward 債券トレーディング部
(03-4550-7172)
2009年1月14日
BNPパリバ証券 WAL Simulation

マクロトレーディング本部
 (03-6377-3154)

2017年4月3日
バークレイズ証券 WAL Static_Forward トレーディング本部/外国債券・金利トレーディング部/RMBS トレーディング担当
(03-4530-1383)
2010年3月25日
メリルリンチ日本証券 WAL Static_Forward 証券化商品部
(03-6225-7512)
2011年9月1日
新生証券 WAL Static_Forward ストラクチャードファイナンス部
(03-6880-6000)
2013年8月9日
(注1)  各社のPSJ予測値は対象のRMBSについて自社モデル(統計モデル等)により行う期限前償還予測を基に換算される。記載は、何をもって換算しているか。例えばWALによりPSJ予測値を換算する場合は、PSJモデルで展開した予想キャッシュフローのWALが自社モデルに基づく(予想キャッシュフローの)WALと一致するPSJ値を求めている。
WALはWeighted Average Life(加重平均残存年限)の略で、起算日から各元利払日の元本償還までの年限をそれぞれの元利払日に発生する元本償還額で加重平均した値。
(注2)  貸付債権担保住宅金融公庫債券/貸付債権担保住宅金融支援機構債券は、未償還残高が当初発行総額の10%以下となる場合は、その後に到来する償還期日に未償還残高全額を繰上償還(クリーンアップコール)される可能性がある。記載は、それを考慮に入れているか否か。
(注3)  PSJ予測値の前提とする計数(例えばWAL)を特定する期限前償還予測の際に、複数のキャッシュフローシナリオを発生させている(Simulation)か、1つのキャッシュフローシナリオに基づいて計算している(Static)か。Staticの場合、シナリオに用いる将来時点の特定年限金利について、分析時点現在の当該年限金利から変化しないと仮定する(Static_Constant)か、分析時点現在の金利カーブが織り込むフォワード金利に沿って実現すると仮定する(Static_Forward)か。
PSJ予測統計値に集計される計数に関して、分析時点現在とはPSJ予測統計値発表日の前営業日午後3時現在をいう。
(注4)

貸付債権担保住宅金融支援機構債券の月次債(機構月次RMBS)については、4カ月延滞などのデフォルト債権が発生した場合、当該信託債権を解約するためデフォルト債権等の元本相当額について繰上償還が実施される。記載は、機構月次RMBSに対する期限前償還予測にその影響を含んでいるか否か。