本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

コンプライアンス・ハンドブック(勧誘・受注)(ウェブ版)

営業員は、投資勧誘を行うに当たっては自己に課せられた責務と使命の重要性を深く認識し、次の3つの基本原則に従って行動しなければなりません。

    <投資勧誘にあたっての3つの基本原則>

        1. 自己研さんに努め投資者の信頼に応えること

        2. 合理的な根拠があると判断した金融商品について投資勧誘を行うこと

        3. 投資者の投資経験、投資目的、資力等に適合した投資勧誘を行うこと

 

「コンプライアンス・ハンドブック(勧誘・受注)」は、主にリテール証券営業に従事する若手営業員やその実務教育指導者を対象に、口座開設、勧誘、受注時に遵守すべきルールやポイントを商品別に簡潔にまとめたテキストで、実務の習得にご活用いただいております。

  ○コンプライアンス・ハンドブック(勧誘・受注)平成29年度版(ウェブ版) new

 

※営業員ガイドブックは、平成28年度版をもって制作を終了いたしました。