本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

自主規制規則・従業員、外務員関係

<従業員、外務員関係>

  現在未施行の規則改正に係る新旧対照表についてはこちらを御参照ください。

        平成30年16日付規則改正分(平成30年1月17日公表)PDFファイル

制定日  昭和49年11月14日
直近改正日 平成29年6月30日

規則の制定の経緯、規則の目的・趣旨等

制定の経緯

昭和48年7月、全国の証券会社を直接の構成員とする社団法人日本証券業協会を設立したが、新規則が制定されるまでの間は、旧証券業協会の規則等を社団法人日本証券業協会の規則等とみなしてきた。 昭和49年11月、これら規則等を全国的に統一するとともに内容の整備を図るための諸規則の制定の一つとして、本規則を制定した。

目的・趣旨等

金融商品取引業の公共性及びその社会的使命の重要性にかんがみ、協会員の従業員について、その服務基準等を定めるとともに、従業員に対する協会員の監督責任を明らかにし、投資者の保護に資すること。

協会員向けのQ&A・ガイドライン等

ページトップへ

制定日    平成22年5月18日
直近改正日 平成27年6月30日

規則の制定の経緯、規則の目的・趣旨等

協会員の従業員等に関する不都合行為者※の取扱いに係る手続について定めた規程。
※不都合行為者:金融商品取引業の信用を著しく失墜させる法令等違反行為を行ったことにより、協会員が5年又は無期限に採用禁止される者。

協会員向けのQ&A・ガイドライン等

制定日  平成20年10月14日
直近改正日 平成29年6月30日

規則の制定の経緯、規則の目的・趣旨等

制定の経緯

「内部者取引防止に関する内部管理態勢等のあり方に関する論点整理」(平成20年5月20日)PDFファイル

目的・趣旨等

協会員の従業員における上場会社等の特定有価証券等に係る売買等について、社内規則の制定その他の必要な措置を定めることにより、協会員の従業員における不公正取引を防止し、資本市場に対する信頼を確保すること。

  現在未施行の規則改正に係る新旧対照表についてはこちらを御参照ください。

        平成30年16日付規則改正分(平成30年1月17日公表)PDFファイル

制定日      平成4年7月14日
直近改正日   平成29年6月30日 

  現在未施行の規則改正に係る新旧対照表についてはこちらを御参照ください。

        平成30年16日付規則改正分(平成30年1月17日公表)PDFファイル

制定日      平成4年7月14日
直近改正日   平成28年12月20日

規則の制定の経緯、規則の目的・趣旨等

制定の経緯

平成4年旧証券取引法の改正に伴い、それまで国(財務局)が行っていた外務員登録事務のうち、証券会社に係るものが、本協会に委任されたことから、本規則を制定した。

目的・趣旨等

外務員の資格、研修制度等及び金融商品取引法第64条の7第1項の規定に基づく外務員の登録に関する委任事務の内容等を定めることにより、外務員の資質の向上及び外務員登録制度の的確かつ円滑な運営を図り、投資者の保護に資すること。

制定日   平成19年9月30日
直近改正日 平成27年5月19日

規則の制定の経緯、規則の目的・趣旨等

制定の経緯

本規則の前身は、「証券外務員資格試験規則」である。同規則は、昭和48年7月、証券業の公共性とその社会的使命の重要性にかんがみ、証券外務員の資質の向上を図るために制定したものである。
平成19年9月、金融商品取引法の施行に伴う本協会諸規則の一部改正の一環として同規則について見直しを行い、外務員等資格試験委員会の構成及び運営に関する事項については、「外務員等資格試験委員会規則」として改正し、協会運営規則として位置付けるとともに、資格試験につき必要な事項については、「外務員等資格試験に関する規則」として新設した。

目的・趣旨等

外務員等の資格試験に関し受験資格及び受験手続等を定める。