本文へジャンプ

安心して投資をするための情報

一般NISA口座でロールオーバーする際のお手続きと留意事項について

一般NISA口座でロールオーバーをする場合にはお手続きが必要となります。下記の内容をご確認いただき、お取引の証券会社等で定める期限内にお早めにお手続きください!

  • 2017年に一般NISA口座で購入した株式や株式投信等については、2021年末で非課税期間(5年間)が終了します。
  • 引き続き非課税としたい場合は、2022年に設定される一般NISA口座に移管(ロールオーバー)することができます。
  • ロールオーバーしなかった株式や株式投信等については、2021年末の時価で特定口座(課税口座)に自動で移管されます(特定口座をお持ちでない場合は、一般口座(課税口座)に移管されます)。
  • ロールオーバーを希望する場合は、非課税期間終了までにお手続きが必要です。 下記の内容や証券会社等からの案内をご覧いただき、各証券会社等の定める期限内にお手続きを行ってください。 

ロールオーバーについて

2021年末に非課税期間の終了する2017年の一般NISA口座にある株式や株式投信等を引き続き非課税とするために、新たに設定する2022年の一般NISA口座に移管することをロールオーバーといいます。 
ロールオーバーを行った場合、2022年の非課税枠(120万円)を利用します。そのため、2022年の非課税枠は、ロールオーバーを行った株式や株式投信等の2021年末の時価の分だけ少なくなります。 
ロールオーバーは2017年の一般NISA口座で購入した株式や株式投信等の全部ではなく、一部でも行うことが可能です。 
・  すでに課税口座(特定口座、一般口座)で保管している株式や株式投信等を一般NISA口座に移管することはできません。 
・  2017年の一般NISA口座で保管している株式や株式投信等の時価(例:150万円)が、2022年の一般NISA口座での非課税枠(120万円)を超えていても、ロールオーバーを行うことは可能です。 

※このページと併せてリーフレットもご覧ください。ロールオーバーの概要やこのページに記載していない注意点などを記載しています。 

 

ロールオーバーのお手続き

お手続きの内容

ロールオーバーを行うには、2017年に一般NISA口座で株式や株式投信等を購入した証券会社等に「非課税口座内上場株式等移管依頼書(ロールオーバー依頼書)」をご提出ください(証券会社等によっては、ロールオーバー依頼書をインターネット等で提出することも可能です)。
ロールオーバーに関して必要なお手続きの詳細は、2017年に一般NISA口座を開設した証券会社等にお問い合わせください。 
・  ロールオーバー依頼書の提出期限や銘柄・数量等の指定については証券会社等によって取扱いが異なりますので、証券会社等からの案内を確認し、証券会社等の定める期限内にご提出ください。 

 

ロールオーバーのお手続きのみではロールオーバーできない場合のお手続き

 以下のケースではロールオーバーのお手続きをしても、ロールオーバーすることができません。この場合、ロールオーバーのお手続きに加えて、それぞれ以下のようなお手続きが必要となります。

ロールオーバーできないケース①

2022年の一般NISA口座を設定されていない場合

⇒一般NISA口座の設定手続きをして、年末時点で2022年の一般NISA口座が設定されれば、ロールオーバーが可能となります。※
なお、つみたてNISA口座と一般NISA口座は同時に設定できません。

※2021年の一般NISA口座を設定されている方は、2022年の一般NISA口座が自動で設定されますので、特段のお手続きは必要ありません。個人番号(マイナンバー)等を提出していないことにより、2021年の一般NISA口座を設定されていない方は、2022年の一般NISA口座は自動で設定されないため、個人番号(マイナンバー)を証券会社等に提出する等お手続きいただき、改めて2022年の一般NISA口座の設定が必要となります。新たな口座設定には一定の時間を要する可能性がありますので、お早めにお手続きください。 

ロールオーバーできないケース②

2017年に設定した一般NISA口座と2022年に設定する一般NISA口座が異なる証券会社等の場合

⇒金融機関変更手続きを行い、非課税期間が終了する一般NISA口座を開設している証券会社等に再度一般NISA口座が設定されれば、ロールオーバーが可能となります。

※現在利用している証券会社等に「金融商品取引業者等変更届出書」を提出し、「勘定廃止通知書」を取得後、非課税期間が終了する一般NISA口座を開設している証券会社等に対し、再度一般NISA口座を設定したい旨をお申し出ください。なお、再設定のお申込みには勘定廃止通知書が必要となります。

 

ロールオーバーできないケース③

「(非課税口座)継続適用届出書(※)」を提出して出国中の場合

⇒出国中に非課税期間が終了した場合にはロールオーバーを行うことができません。帰国をして、一般NISA口座を開設している証券会社等に「(非課税口座)帰国届出書」を提出した後にロールオーバーのお手続きを行うことができます。

※出国する際に「(非課税口座)継続適用届出書」をNISA口座を開設している証券会社等に提出した場合は、出国後も引き続きNISA口座で非課税の適用を受けることができます。

 

非課税期間終了間際の売買等に関する注意点

ロールオーバーする場合の売買について

一般NISA口座への受入れは約定日ではなく、受渡日を基準として判定されます。
約定日が2021年12月中であっても、受渡日が2022年1月となる場合には、ロールオーバーが行われた後に、受渡しが行われることとなりますので、次のようなお取引には注意が必要です。

注意する取引!(買付け)

zuhyo2.jpg
 ロールオーバーにより2022年の一般NISA口座の非課税枠(120万円)がなくなっている(少なくなっている)と、2021年12月に買い付けた株式や株式投信等の受渡日が2022年1月になる場合に、非課税期間を跨ぐ買い付けが非課税枠を超えてしまい、一般NISA口座では受け入れられずに、課税口座での受入れとなります。
 上図にあるように、2022年の一般NISA口座にロールオーバーで時価150万円の株式や株式投信等を受け入れたため、非課税枠(120万円)がなくなっていることから、2021年12月29日に買い付けした20万円分の株式や株式投信等を、2022年の一般NISA口座で受け入れることができません。
※一般NISA口座で受け入れられなくなることを防止するため、証券会社等によっては一般NISA口座における年末のお取引が制限されることがあります。

 

 

 注意する取引!(売却) 
      

zuhyo3.jpg
 2021年12月に売り注文を出した株式や株式投信等の受渡日が2022年1月になる場合に、売却する株式や株式投信等を含めてロールオーバーされることとなるため、2022年の一般NISA口座の非課税枠はその売却分も含めて少なくなります。
  上図にあるように、2021年12月29日に売却したものの、受渡日が2022年1月4日のため、2022年の一般NISA口座にロールオーバーで時価150万円の株式や投資信託等を受け入れたことになります。ロールオーバーにより2022年の非課税枠(120万円)がなくなっていることから、2022年の一般NISA口座での新たな買い付けができなくなります。

 

 

 ロールオーバーしない(課税口座へ移管する)場合の売買等について

注意する取引!(売却) 

ロールオーバーを行わずに課税口座に移管された場合は、年末の時価が取得価額になります。下図にあるように、2021年12月29日に100万円で売り注文を出したものの、受渡日が2022年1月4日になる場合、課税口座における取得価額は年末の時価である150万円になるため、売却額100万円との差額(-50万円)が損失扱いとなります。

zuhyo4.jpg       

上図とは逆に、下図のように2021年12月29日の売却額が200万円の場合は差額(+50万円)が利益となり、50万円が課税対象となります(特定口座(源泉徴収あり)へ移管した場合は源泉徴収されます。)。
zuhyo5.jpg
2021年12月の約定日時点では、最終的な譲渡損益を把握できませんのでご注意ください。

 

 

注意する取引!(配当の受け取り)

 国内上場株式の配当が課税されるかどうかは、「効力発生日(支払開始日)(※)」を基準に判定されます。そのため、NISA口座で買い付けた国内上場株式を課税口座に移管してから、その国内上場株式の配当の効力発生日(支払開始日)を迎えた場合、その配当は課税されることになります。

zuhyo6.jpg
※国内公募株式等投資信託の期中分配金は「決算日」を基準に、国外上場株式の配当は「現地支払日(又は現地保管機関の受領日)を基準に、それぞれ判定されます。
2021年7月時点の法令を基に作成しています。
お手続きの詳細はお取引のある証券会社等にお問い合わせください。