声優・梶裕貴さんソファーカット(1)

夢は尽きない!自分や大切な人たちとの未来のため
「お金」について学ぼう!
声優・梶裕貴さんインタビュー

声優としてアニメや吹替などさまざまな作品に出演し、ドラマ・舞台出演、ラジオのパーソナリティーなど、幅広く活躍する梶裕貴さん。声優20周年を迎えて新たな挑戦を始めています。「夢は尽きない」と語る梶さんに、未来や大切な人たちのため、お金についての学び方や付き合い方について伺いました。

PROFILE梶裕貴(かじ ゆうき)

1985年東京都生まれ。『進撃の巨人』エレン・イェーガー役、『僕のヒーローアカデミア』轟焦凍役など多数の作品でメインキャストを務める。梶裕貴YouTubeチャンネルの開設や、合成音声ソフトの開発プロジェクトを立ち上げ、ナレーションやドラマ・舞台出演、さらにはラジオのパーソナリティーなど、多方面で活躍中。

声優・梶裕貴さんインタビューカット(1)

演じてみたい役、企画プロデュースへの挑戦……夢はまだまだ拡大中!

声優としてのキャリアを積みながら、ドラマや舞台への出演、ラジオのパーソナリティーなど、多方面で活躍中の梶さん。声優20周年を迎えて、これからますますキャリアを重ねていくと思うのですが、この先演じてみたい役などはありますか?

今まであまりやったことのない父親役など、自分自身の年齢やキャリア、その変化にリンクした役柄に挑戦いけたらいいなと思います。

あと憧れているのが、外国映画の吹替で特定の俳優さんの声を担当すること。「この人の日本語吹替版なら梶裕貴!」といわれるような俳優さんと巡り会って、生涯を通して演じていけたら素敵ですよね。

それから、プレイヤーとしての活動が軸にあるのはもちろん変わらないこととして、そこにプラスして今後は、自身が企画して進めている"合成音声プロジェクト"にも、より一層力を入れて取り組んでいきたいと考えています。

合成音声のプロジェクトは、2023年に立ち上げられたんですよね。どのようなきっかけがあったのでしょうか?

合成音声プロジェクトは、僕が純粋に「挑戦したい。やるべきことだ」と思い、自ら企画して始めたことです。これまでの自分は、演者・パフォーマーとして、企画が最終的な段階に入ったときに関わる立場でした。だからこそ、コロナ禍でYouTubeを始めたとき、いつもとは違った角度から作品づくりの難しさを感じたんです。

ひとつの番組を仕上げるのにも、資金集めからはじまり、アイデアを練って、使用する道具を揃えて、照明・音響設備を整えて、撮影して編集して…と、本当に多くの壁を乗り越えていかなくてはならなくて。未経験の自分が、そのすべてをひとりで熟すには、相当の努力と時間が必要でした。ゼロからイチを生み出すことの大変さを痛感しましたね。多くのプロフェッショナルが集まって、その磨かれた業を遺憾なく発揮し、力を合わせて作り上げるからこそ、最高の作品が出来上がるものなんだなと、あらためて感じる機会になりました。

声優・梶裕貴さんインタビューカット(2)

今後、より具体化して継続させていくためには、収益を上げるなど、マネタイズも必要になってきますよね。

合成音声プロジェクトでは、僕自身がプロデューサーとなり、各界のプロフェッショナルのお力をお借りしながら動いていく以上、自分や関わる人を必ずハッピーにしていかなければなりません。そのためには、どうやってそのコンテンツをお金に変えていくか、というマネタイズの部分も、しっかりと考えていかなくてはと思っています。

自分の中で価値があると確信しているものなので、必要経費も、今のところすべて自分で賄っています。決して小さな額ではないですが、これまであまりお金を使ってこなかった分、ようやく資金活用のチャンスが巡ってきたという感覚ですね。

梶さんは演者からプロデューサーへとキャリアを拡大しているんですね。新しい夢の実現、応援しています!

声優・梶裕貴さんインタビューカット(3)

お金についてどう学ぶ?気になったことは調べてみよう。

先ほど、マネタイズや経費など、お金に関するお話が出ましたが、2022年から高校で金融教育が必修化されたり、2024年1月からはNISAの新制度が始まるなど、お金の知識の重要性を感じる機会が増えています。梶さんはお金についてどのように学ばれていますか?

お金の管理については、知り合いや声優の先輩などにアドバイスをいただき、やはりプロのサポートが一番安心だと感じたので、個人事業主になって以降、ずっと税理士さんにお願いしています。ただ、僕自身も「これってどういうことなんだろう?」「どんな仕組みなんだろう?」など、気になったことがあれば調べたり、学んだりはしていますね。

梶さんは、資産運用の関連商品を紹介する動画でナレーションをご担当されたこともありますよね。これまでに、自分でも投資や資産運用などをやってみようと考えたことはありますか?

自分のメリットになるのであれば、やらない手はないだろうなと思うようになりましたね。とはいえ、まずは何事も知ることが大切だと思うので、知識を得るために、これからもっと勉強していかなくてはと思っています。

最近は、少額から積み立てられる仕組みも色々と増えてきていますよね。もちろん、リスクを考えることも大事ですが、学びの機会も兼ねて、実際にトライしてみてもいいのかなと思っています。

梶さんが投資を始めるとしたら、事前にどのような準備をしますか?

投資をしたらどんなメリットがあるのか、逆にどういう失敗が起こりうるのかを、自分の中できちんと説明できるように、箇条書きなどにして検討すると思います。現実的な問題を把握したうえで始めたことなら、失敗したとしても自分の糧となって、すべてが無駄になることはないのかなと。

声優・梶裕貴さんインタビューカット(4)

自分や大切な人たちにとって、よりよい未来となるように、お金について正しい知識を。

新たなプロジェクトを始動させ、声優、役者にとどまらない領域へ羽ばたこうとしている梶裕貴さん。目的のために準備をしたり、リスクを想定したりしておくことの大事さや、「ご縁」を大切にする仕事・人との向き合い方を教えてくれました。なにか新しいことにチャレンジするときに「もしも失敗したら……」と、なかなか一歩を踏み出せない方にとって道しるべとなる考え方がたくさんあったのではないでしょうか。

また、やりたいことを実現させるために、お金ときちんと向き合っている姿勢も印象的でしたね。梶さんは投資に興味を持ち、知識を得るために勉強したいと考えているようですが、同じように投資や資産運用について学びたい方も多いのではないでしょうか。

日本証券業協会では、『知って得する!資産運用の基礎知識』において、ライフプランやマネープランの重要性、資産運用について、動画でわかりやすく解説しています。また、証券投資の基本を学べる冊子『サクサクわかる!資産運用と証券投資スタートブック』を無料で提供しています。資産運用とはなにかという基本的なことから、株式や投資信託といった各商品の特徴、NISAやiDeCoについても学ぶことが可能です。将来のために、投資を始めようと考えている方は、ぜひご覧ください。

声優・梶裕貴さんソファーカット(2)

Text:田下 愛
Photo:宇佐美 亮

ページトップへ