本文へジャンプ

日証協について

グリーン/ソーシャルボンド・コンファレンス(2020年11月13日・東京)の開催について

世界的なESG投資への関心の高まりを受け、国際資本市場協会(ICMA)では、グリーンボンド原則(GBP)、ソーシャルボンド原則(SBP)、サステナビリティボンドガイドライン(SBG)等を策定し、その普及、発展を推し進めており、普及活動の一環として、本協会との共催で、2017年より毎年これら債券を普及するための国際コンファレンスを開催いたしております。同コンファレンスは参加者の皆様に大変ご好評いただいており、3年間の累計で1,500名を超える市場関係者に来場いただきました。
今般、これらの最新の動向について市場関係者の理解を深め、日本市場の課題等を探る機会となるよう、また、特に本年度は、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を踏まえ、ソーシャルボンドに焦点を当てたコンファレンスを2020年11月13日に開催する運びとなりました。

会合名 コロナ禍において重要性を増す持続可能性に貢献する債券市場の発展-世界及び日本の展望
開催日時 2020年11月13日(金)16時00分~17時40分(予定)
開催場所 太陽生命日本橋ビル 26階 及び ZOOMによるウェビナー
(東京都中央区日本橋2-11-2)
【交通】
 JR「東京駅」八重洲北口から徒歩5分
 東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」直結都営地下鉄
 浅草線「日本橋駅」から徒歩4分
主催 国際資本市場協会(ICMA: International Capital Market Association)
共催 日本証券業協会
プログラム プログラム(準備中)
※日英同時通訳あり。
※プログラムは適宜更新されます。
参加費 無料
参加申込み ICMAウェブサイト(以下リンク先「Registration」タブ)よりお申込みください。
https://www.icmagroup.org/events/developments-in-bond-markets-contributing-to-sustainability-under-covid-19-globally-and-in-japan/
 (外部サイト。英語のみ)
留意事項 ・当日はソーシャルディスタンスに配慮して席をご用意します。
・新型コロナウイルス感染症の今後の拡大状況によっては、会場開催を行わず、完全オンライン開催等に切り替えるなど、実施方法を変更する可能性がございますので、その点あらかじめご了承ください。
・完全オンライン開催に切り替える場合は、ご登録者に、登録メール宛てにて、その旨をお伝えいたします。
・当日はマスク着用でのご来場をお願いいたします。
・会場前に消毒液を設置いたしますので、ご利用をお願いします。
・発熱・咳等の自覚症状がある場合、体調がすぐれない場合は、無理をなさらず、ご出席の是非を慎重にご検討ください。
・会議中、体調の異変を感じた場合は、ご遠慮なく事務局にお声がけください。

 

関連イベント

「10月9日(金)にTCFDサミット2020が開催されます」

「ポスト・コロナ」、「ウィズ・コロナ」と呼ばれる状況において、経済と社会の復興に向けた動きが顕著になりつつあります。また、世界的にTCFD提言に基づく気候関連財務情報の開示も着実に進展しています。今般、情報開示ならびに活用に関する知見を共有するとともに、TCFD提言の実践上の課題や今後のアクション等を議論するべく、経済産業省は、オンライン配信によりTCFDサミット2020を開催します。

皆様、奮ってご参加下さい。(ご参加にあたって事前登録が必要となります。下記URLよりご登録をお願いします)

名  称 TCFDサミット2020 (https://tcfd-summit.go.jp/
日  時 2020年10月9日(金)13:00-18:45
開催形式 オンライン配信 (ライブストリーミング & オンデマンド)
主  催 経済産業省
共  催 TCFDコンソーシアム、World Business Council For Sustainable Development (WBCSD)
参加登録 (一般参加者の皆様) https://jcs.eventsair.com/tcfd-summit-2020/registration-tcfd-2020
(プレス関係者の皆様)https://jcs.eventsair.com/tcfd-summit-2020/press-tcfd-2020
お問い合わせ

日本証券業協会   SDGs推進室
03-6665-6783