金融・証券用語集

格付け
(かくづけ)

意味

債券ごとに元利金支払いの確実性を格付会社が評価し、その信用度をランク付けしたもの。

解説

一般的に、格付けの高い債券ほど利回りは低く、格付けの低い債券ほど利回りは高くなり、BBB以上の格付けを信用度が比較的良好だと考えられる「投資適格格付け」、BB以下を信用度が低いと考えられる「投機的格付け」といいます。

ただし、「投資適格格付け」は、発行体が経営破たんする可能性がないことを保証するものではなく、また、「投機的格付け」の債券に投資してはいけないということでもありません。

格付けとはあくまで「信用度の相対的な位置づけ」を示すものであり、民間の格付け会社の意見です。したがって同じ債券であっても格付け会社により評価が異なることがあります。

キーワードで探す