金融・証券用語集

企業型確定拠出年金(企業型年金)
(きぎょうがたかくていきょしゅつねんきん(きぎょうがたねんきん))

意味

確定拠出年金(DC)のうち、企業が加入者(個人・従業員)の掛金を拠出する制度で、加入者が自らの判断で運用し、運用結果に基づいて老後に年金を受け取る制度のこと。

解説

加入できるのは、企業型年金を実施している民間企業の従業員です。
掛金は、原則として企業が拠出しますが、企業がマッチング拠出を導入していれば加入者も一定の範囲内で自ら掛金を拠出できます。

日本証券業協会では、2020年10月に制度の改正が改正されたiDeCo+や、2022年10月までに実施される確定拠出年金制度の主な改正事項について詳しく解説している冊子「確定拠出年金入門(2020年版)」を、個人の方に限り無料でプレゼントしております!
申込みページはこちら↓

bnr_home_knowmore_04_sp.png

関連用語を調べる

iDeCoについて1からやさしく解説したセミナーの動画もあわせてご覧ください。
2021年3月13日開催オンラインセミナー「将来のお金とiDeCoのはなし」

キーワードで探す