金融・証券用語集

指値
(さしね)

意味

株式の取引において、売買の値段を指定して注文する方法。

解説

買い注文であれば指値以下の株価、売り注文であれば指値以上の株価にならなければ注文は成立しないので、希望する値段で売買できる反面、値段によっては売買が成立しない場合があります。そのため、取引の成立を優先させるなら、「成行注文」がよいでしょう。

関連用語を調べる

キーワードで探す