金融・証券用語集

公募増資
(こうぼぞうし)

意味

現在の株主や特定の第三者に限らず、広く一般の投資家を対象に、新たに株式を発行し資金を調達すること。

解説

この増資方法は、株主層を拡大し、株式を分散することにより株式市場での流通性を高めることが期待できるといった特徴があります。 払込金額は時価より多少低めとなるのが一般的ですが、時価より特に有利な価格で発行する場合には、既存株主の利益の保護のため、株主総会でその理由を開示して、特別決議を経なければなりません。また、払込金額の決定方法としては、投資家の需要状況を把握することによって、市場の動向に即して払込金額を決定することができるブックビルディング方式がよく用いられます。

関連用語を調べる

キーワードで探す