金融・証券用語集

底値
(そこね)

意味

株価が日々下げているときの一番安い値段のこと。

解説

株価が安値を付けた後、やや値を戻してまた下げていくようなケースでは、最初の底値を「一番底」といい、その後さらに安い水準で付けた値を「二番底」といいます。

関連用語を調べる

キーワードで探す