金融・証券用語集

初値
(はつね)

意味

証券取引所に上場後、最初に取引が成立した値段のこと。

解説

一般的に、相場環境が良いと、公募(売出)価格(上場前に新規上場会社の新株などを引き受けた証券会社が行う公募・売出しに際し、投資家が行う1株当たりの払込金額)よりも、初値の方が高くなる傾向があることから、新規上場株式が人気となる場合があります。

関連用語を調べる

キーワードで探す