金融・証券用語集

REIT(不動産投資信託)
(りーと(ふどうさんとうししんたく))

意味

投資家から集めた資金で不動産を保有し、そこから生じる賃料収入や売却益などを投資家に分配する投資信託。

解説

REITは小口の資金で不動産への投資が可能となるため、不動産市場の活性化や個人の資産運用の多様性に繋がる金融商品として注目されています。REITは「投資法人」と呼ばれる形態をとり、その投資法人が「投資証券」を発行します。証券取引所に上場されているものは、株式と同様に証券会社で売買できます。

キーワードで探す