金融・証券用語集

定額購入法(ドル・コスト平均法)
(ていがくこうにゅうほう(どる・こすとへいきんほう))

意味

毎月など定期的に、同じ「購入額」(1万円など)で買い付ける方法。ドルコスト平均法。

解説

値上がり・値下がりする株式や投資信託の購入単価を下げるために定期的に一定金額ずつ買い付ける方法。購入時期を分散することで価格変動リスクを低減させる効果がある。定期的に一定額を投資すると、株価が安いときは多く、株価が高いときは少ない株数を購入することになり、結果として1株当たりの購入価格は平均化されます。

※ただし、定額購入法(ドル・コスト平均法)によって投資収益が確実になるものではなく、場合によっては(例えば、購入する金融商品の価格が下落し続けるなど)、損失を被る場合があります。

関連用語を調べる

ドル・コスト平均法を含む、リスクを上手にコントロールしながら投資するためのコツについて知りたい方はこちらもご覧ください。
bnr_home_08.png

キーワードで探す