金融・証券用語集

定量購入法
(ていりょうこうにゅうほう)

意味

毎月など定期的に、同じ「数量」(10株など)を買い付ける方法。

解説

「定量購入法」でも購入価格は平均化されますが、「定額購入法(ドル・コスト平均法)」のほうが平均購入価格を安くすることができます。

キーワードで探す